特定課題研究

2019年度多文化関係学会特定課題研究募集のお知らせ

多文化関係学会では、会員間での研究連携の活発化を促し、共同研究をスタートアップさせるために、「特定課題研究」を設けています。

このたび、2018年度の研究課題につきまして、下記の通り募集を行います。採用された課題に対しましては、スタートアップ支援としまして、1課題につき最大10万円(活動補助金)を支給いたします(ただし、本学会会計年度内での支出に対する支援となります)。

会員の皆様の積極的なご応募をお待ちしております。

 

募集期間                                           2018年11月1日~2018年12月10日

募集テーマ・分野                               特に限定しないが、本学会の目的(多文化関係学会会則第2条参照)にふさわしいものであるとともに、課題への取り組みに際して本学会の会員による研究連携によって取り組むことが可能であり、かつ研究連携が必要となるもの

募集件数                                           若干数

研究期間                                           2019年4月1日より2020年3月31日まで、もしくは2021年3月31日まで

募集方法                                           本ウェブサイト上の申請フォームへ記入し、送信

採用結果の申請者への通知              2019年1月下旬(予定)

採用者および研究メンバーの義務    (a) 研究メンバー代表の選出および学術委員会への通知(研究課題応募者と研究メンバー代表が同じ場合も、学術委員会に通知すること)

(b) 研究成果に基づく学術論文・研究ノート・研究発表等の成果物を公表する際に、成果物において「多文化関係学会特定課題研究」の成果である旨を明記すること。また、成果公表後は(c)の研究報告書で成果物の題名、公表媒体ないし会議・研究会等の名称に加え、会議・研究会の場合は日時および場所を報告すること。

(c) 研究期間終了後の研究報告書の提出。なお、研究報告書は原則として一般に公開される。

上記以外の詳細につきましては、「多文化関係学会特定課題研究募集要項」をご確認ください。




コメントは受け付けていません