2014年度第13回福島年次大会・発表募集要項

●次の事項をお読みいただき、奮ってご応募ください。
1.発表テーマ

本学会の趣旨に沿ったもので、未発表のものに限ります。

2.応募資格

当学会員である必要がありますので、2014年度の会費納入状況をHP上でご確認ください。

3.発表時間

30分(発表20分、質疑応答10分)

4.発表申込締切

2014年7月25日(金)(必着)

5.申込要領

こちら http://goo.gl/bKmtmv の登録フォームを使用し、次の10点についてお知らせください。
(1) 発表タイトル / Title
(2) 発表形式 / Type of presentation
(3) 応募者 氏名 / Name of the head presenter (contact person)
(4) 応募者 所属(機関名)/ Affiliation
(5) Email
(6) Tel
(7) その他 著者全員の氏名と所属 / Name(s) and affiliation(s) of co-presenters
(8) 発表概要(400-600字) / Abstract (250-300 words)
(9) 多文化関係学との関連性(約200字) / Please explain the relevance of your proposed topic to the conference theme.
(10) 本学会の関連主要研究領域 / Area

6.発表者の決定

発表申込書は大会委員会で審議し、採択の可否を電子メールでご連絡します。

7. 抄録原稿の提出

発表予定者は発表内容の抄録原稿を送ってください。詳細は採択可否のメールでお送り致します。(HPに掲載された日本語、または、英語のテンプレートを参照のこと。)(大会当日『第13回年次大会発表抄録集』として参加者に配布します。)

8. 「多文化関係学会研究発表石井奨励賞」について

石井奨励賞は、若手研究者のキャリア開発支援のひとつとして、優れた研究発表を促進し、表彰するという目的のもと、次の手順で審査・表彰がおこなわれます。
(1)対象者
年次大会において、単著による「口頭発表」もしくは「ポスター発表」をおこなう、次の①②いずれかの会員:①学籍のある大学院生;②大会時、任期に限りのある職に就いている教員。抄録送付の際、①②いずれの条件に該当するか明記すること。該当する会員すべてが選考の対象となる。
(2)審査方法
一次審査:抄録原稿(A4・4 頁)により、若干名を専攻する。※抄録2 頁、共著発表の場合は対象としない。
二次審査:一次審査を通過した会員の口頭発表及びポスター発表の内容並びにプレゼンテーションを審査し、研究の将来性も踏まえた上で、若干名の受賞者を選考する。
(3)副賞
2 万円
(4)学会誌への投稿の推奨
受賞者に対しては、対象となった発表を基にした完成原稿を次号の『多文化関係学』に投稿することを強く奨励するが、義務とはしない。なお、投稿された論文は通常の査読にかけられ、審査がおこなわれる。論文が採用になった場合、「石井奨励賞受賞論文」と明記の上、学会誌に掲載される。
(5)表彰
年次大会後に発行されるニュースレターに、石井奨励賞受賞者名、論文タイトル、学術委員会によって結成された審査委員会による講評を掲載する。翌年の年次大会の総会において、受賞者の表彰がおこなわれる。

 

○大会準備委員会へのお問い合わせは taikai2014@js-mr.org