ベネット博士研修会 ご報告: “Developing Contextual Consciousness: Approaching Intercultural Communication Competence with a Constructivist Paradigm” Milton Bennett, Ph.D.

関東地区研究会 Kanto Area Program 

■2017年3月12日ベネット博士研修会の資料提供■
PPT slides (PDF) are available for download!  Clike here

ベネット博士のご厚意により、研修会のパワーポイントスライドのPDFがダウンロードできるようになりました! 
ダウンロードはこちら

 


■ベネット博士ご挨拶 Greeting■

Milton Bennett at Japan Society for Multicultural RelationsDear JSMR workshop participants,

It was a pleasure to spend the day with you, exchanging stimulating ideas and envisioning our work for the future. I look forward to another opportunity to work with JSMR, and hopefully to see you all again to continue our conversation.

Best regards from Milan,
Milton Bennett

 


■山本志都(Shizu Yamamoto, 関東地区研究会委員長)よりご挨拶■

関東地区研究会に大勢の皆様のご参加のあったことを心より御礼申し上げます。会場校としてご協力いただいた順天堂大学の石黒武人先生にも御礼を申し上げます。

多文化社会における異文化コミュニケーション能力の育成という課題に対し、我々がどのように取り組むことができるか、ベネット博士は全てを文脈の中に見出すことや、文脈と関わりあう意識、文脈を作り出す行為主体者としての意識を持つことなど、「文脈」と「意識」をキーワードに構成主義のパラダイムからのアプローチを示されました。様々なお話の中から、私自身は特に、多様なMilton Bennett & Shizu Yamamotoリアリティを伴った文脈への意識を持つ相対主義という立場から、さらに一歩踏み出し、自分のありたいリアリティを志向していくことを選択する主体性への意識ということについて深く考えさせられました。

詳しいレポートについては、英語版をRay Donahue教授(名古屋学院大学)、日本語版を八島智子教授(関西大学)が活動報告としてご執筆下さっています。準備ができ次第アップしますのでどうぞご期待ください。

関東地区研究会委員長
山本志都 Shizu Yamamoto

 


■報告書 Reports■

名古屋学院大学のRay T. Donahue先生と関西大学の八島智子先生に報告書を執筆いただきました!

 

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

A Report on Milton J. Bennett’s Developing Contextual Consciousness: Approaching Intercultural Communication Competence with a Constructivist Paradigm

Ray T. Donahue, PhD (Nagoya Gakuin University)    >>>全文はこちら  Click here for the full paper!□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

The Japan community of interculturalists received a rare treat in the form of a brilliant presentation on March 12 by one of the world’s leading IC scholars, Milton J. Bennett. This report about his talk makes no attempt to fully encapsulate it, but rather summarizes some essential content and offers readers sources for further information.

Overview

Several key concepts underlie the presentation:  ethnorelatism, constructivism, and contextual consciousness. His talk was a timely topic on relativism and why a major paradigm shift has been taking place toward “ethnorelativism.” From this term we can deduce that despite the limitation of relativism, its essential contribution of respect for other cultures is at the core.  Indeed that respect for cultural-specific values is heightened along with added concern for observer consciousness—how we co-construct our reality of another culture, as Bennett explains—the process of constructivism (not to be confused with constructionism).1 I offer this mental crutch: Whereas relativism ends ultimately in separation in the case of widely disparate cultures (“equal but separate”), ethnorelativism aspires for unity (“separate but still equal”).

Ethnorelativism seems paradoxical but Dr. Bennett’s deft treatment illustrated well, actual examples used in corporate training programs. For example, corporate executives in diversity training are asked to identify contributions made by females toward success of the company or firm. The male and female members collaboratively doing this exercise experience unity (“we are teammates,” they might say) yet while recognizing their positive differences (“we each have an important position on the team”). An advance in IC practice, which answers Bennett’s lament expressed early in his talk:  IC people are great for telling people that cultural differences exist but much less so in showing how to bridge those differences.  The key in doing so is “contextual consciousness,” on-going awareness of one’s self and others and being able to switch between these respective consciousnesses. Such is only achievable, it would appear, through an understanding and prizing of cultural differences, thus ethnorelativism as a goal.

As an audience member I was impressed by the erudition as well as by Dr. Bennett’s masterful presentation skills. His is made through a comfortable pace, leavened by humorous asides and stories, all the while reaching essential conceptual landmarks. This was not my first presentation of his, and particularly appealing I found is his apt attention to whomever asks a question or makes a comment.  He of course is well known by many of us, but I would like to share something that few realize. It perhaps is one of the special, distinguishing features about him.

>>>この続きを含む全文はこちら You can download and read the full paper. Click here!

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

「コンテキスト意識を育成する:構成主義パラダイムによる異文化コミュニケーション能力へのアプローチ」に参加して

報告者:八島智子(関西大学)  >>>全文はこちら  Click here for the full paper!□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□

「異文化感受性発達モデル」(DMIS: Developmental Model of Intercultural Sensitivity)の提唱者として名高いミルトン・ベネット博士の12年ぶりの日本での研修会があると聞いて心を躍らせたのは私だけではないであろう。以前定期的に行われていたベネットセミナーの常連であった私にとって、今回のセミナーも心地よい興奮の連続であった。50人を越える参加者で部屋は熱気に包まれた。テンポが早く、よく整理され、しかも凝縮した内容、人を引き込む話術は変わらず健在だ。多くの示唆があったが、特に心に残った点をいくつかまとめてみたい。(筆者の理解を越える部分もあったので、内容の偏りや解釈の間違いがあればご容赦いただきたい。)

■コンテキスト意識

人は異文化接触の結果、文化差をより強く意識するようになるということが、ホフステッドの研究で明らかにされている。そうするとグローバル化する世界の課題は、接触すればするほど差異を感じやすくなる隣人と、いかに共存をしていけるかということになる。そのために必要な異文化間能力を養うために必要となるのが、今回のセミナーのキーワードとも言える、コンテキスト意識(contextual consciousness)である。これは、自らがどのような(個人的・文化的・組織的)コンテキストにいるのかを鋭敏に認識できることと、自分のコンテキストから、他の(個人的・文化的・組織的)コンテキストに視点をシフトするための自己内省能力をさす。ここでいう意識とは、Julian Jaynesに依拠しており、人類の歴史のなかで比較的新しいものであるという。古代の人間には私(I)という意識はなく、聞こえてくる声(神の声)に従うだけの存在であった。しかし今でも、人間はストレスが高まると意識が漂流し、古い無意識の状態に戻ってしまう。聞こえてくる声に、権威の声に盲従してしまう危険性は常にある。

他者を自己と同じ意識を持った存在と捉え、他者の視点で自分を捉えること(Me)が、他者・他グループと共存する第一歩だとすれば、多文化共存の環境を創るためには、私たちひとりひとりの意識(コンテキスト意識)の発達が必要ということであろう。

>>この続きを含む全文はこちら You can download and read the full paper. Click here!


※クリックすると各写真を拡大してご覧いただけます。

会場の様子Milton Bennett, Shizu Yamamoto & JSMR Kanto Program Committee memberscof

012

345

678




コメントは受け付けていません