関東地区研究会

関東地区研究会

日時:2017年7月23日(日)午後1時〜4時(午後12時半より受け付け開始)
場所:明海大学(於・千葉県浦安市)2501教室(講義棟5階)

詳細はこちら

言語:日本語
参加費:無料 茶話会:500円
題目:アウンサンスーチーのノーベル平和賞受賞講演における 〈上座仏教の社会化〉と〈平和の構築〉

申し込みは以下のこちらのサイトよりお願いします。

問い合わせ先: kantomulticultural@gmail.com(@を半角にして下さい)
*************************

<<概要>>

今回の関東地区研究会は石井敏先生を偲ぶ会を開催いたします。
講師にバーリ・サンスクリット・チベット「平和の文化」研究所の田﨑國彦先生をお迎えし、明海大学の原和也先生とともに石井先生の足跡を振り返り、御心に想いを馳せれば、と考えております。<<概要>>  故・石井敏先生を偲ぶ会
すでにご存じのことと思いますが、石井敏先生(獨協大学名誉教授)が、1月30日にご逝去されました。この度、関東地区研究会において、先生とご縁のあった方々と共に、先生のご研究から学んだことや、数々の思い出やエピソードを語り合いながら、先生が我々に残して下さった学恩の大きさを改めて認識し、感謝を申し上げる会を執り行いたく存じます。最初に、大学院で石井先生のご指導を直接受けた門下生達より、指導教授としての石井先生のお人柄についてお話しさせて頂きます。次に、ご参加頂いた皆様方から、石井先生より学んだことや思い出についてご自由にお話し頂き、先生のご足跡とご功績を振り返りたいと存じます。ご多用中とは存じますが、ご出席賜りますようお願い申し上げます。

<<題目>>

アウンサンスーチーのノーべル平和賞受賞講演における〈上座仏教の社会化〉と〈平和の構築〉

<<講師>>
田﨑國彦 TASAKI Kunihiko
明海大学非常勤講師、武蔵野大学仏教文化研究所非常勤研究員、東洋大学東洋学研究所客員研究員、朝日カルチャー・センター講師(バーリ語担当)、宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会顧問。社会学と仏教学を専攻。社会学では、エマニュエル・レヴィナスを通して、コミュニケーションと暴力とホスピタリティ(歓待…他者の迎接)〉の関係について研究。仏教学では、これまでに、原始仏教、倶舎論、サンスクリット文法、和辻哲郎、清沢満之、ダライラマ十四世、チベット問題などに関する論文を発表。平和に関しては、「ダライラマの普遍的責任と平和――エスノセントリズムやナショナリズムを超えて――」(『曹洞宗総合研究センター学術大会紀要(第十一回)』)、「 アウンサンスーチーの民主化運動に見る〈暴力から平和への転換の試み〉――ガルトゥングの平和学を用いて――」(『実践女子大学人間社会学部紀要』9 集)などを発表。著訳書は、『ダライ・ラマ 他者と共に生きる』(共訳、春秋社)、『1 4人のダライ・ラマ』(上・下、共訳、春秋社)など。

 

***********************************
2016年度第二回関東地区研究会のご案内

→無事に終了いたしました。お越し下さいました方々に心よりお礼申し上げます。
ベネット博士研修会の資料をはじめ、詳細はこちらの特設ページよりご覧いただけます。

異文化感受性発達モデルのミルトン・ベネット博士による1日研修会
この貴重な学びの機会をお見逃しなく!

※ポスターこちらからダウンロードしていただけます。

「異文化間意識の発達:構成主義パラダイムによる異文化間能力へのアプローチ」

相対主義から構成主義へ。これまでのパラダイムを整理して、構成主義の立場か
ら「異文化間能力」や「異文化感受性発達モデル」を再考し、教育・トレーニン
グに役立つ実践的な方法をも学びませんか?
この研修会では、ベネット博士は文化相対主義における対等性や寛容性の限界を
見つめ、構成主義の立場から異文化間能力を捉え直し、その異文化間教育・トレー
ニングへの応用について取り上げます。異文化感受性発達モデルについても、よ
り洗練され実践的な形での活用を学ぶことができます。
この貴重な研修の機会に、たくさんの方のご参加をお待ち申し上げております。

関東地区研究会委員長 山本 志都

***********************************

日時:2017年3月12日(日)
11:00~17:00
10:30          受付開始
12:30~13:30  ランチ休憩
15:00~15:30  ティーブレイク休憩
18:00~       懇親会
場所:順天堂大学 本郷・お茶の水キャンパス 第2教育棟 401教室
http://www.juntendo.ac.jp/access/

言語:英語
参加費:多文化関係学会正会員 2000円,  学生会員 1000円
非会員一般 3000円,  非会員学生  1000円,
懇親会費:4000円
申し込み期限:2月25日(土)
申し込みは以下のサイトからお願いします。

https://creator.zohopublic.com/daikumar/app/form-perma/form/1ufmWs3Y6f99sG9hQUuVVfYVaDCtbqQWP1C4Pde4Q81fHzwJnq7q06TKbt8qwOPzmqD9gBMaAdWXHbsBx6aTa6MseKhSON2V0543

概要:
Much of the chaos in the world today may be due to a changing paradigm.
The scientific rationalism that began in Europe and that has influenced
the rest of the world is giving way to relativism. Relativism is
familiar in Japanese culture, where it has been embraced since well
before the European enlightenment. But it is a new and uncontrolled
force in Western societies, where familiar truth is lost and new ways of
being are not yet formed. Hatred and xenophobia fill the void, creating
mortal danger for cultural difference.

Now is the time that interculturalists must rise to a new level of
expertise. It is insufficient for us to continue advocating tolerance or
even the value of cultural difference. The crucial next step is to
define a new form of consciousness that is adapted to living in a world
of multiple interconnected contexts.

This session will show how the dangers of relativism can be resolved
with the next paradigm, constructivism. Participants will explore how to
improve their own understanding of the new paradigm and how to use it to
guide intercultural education and training towards developing
intercultural consciousness. Specifically, participants will learn how
to avoid the “paradigmatic confusion” associated with many approaches
to intercultural competence and how to use the Developmental Model of
Intercultural Sensitivity (DMIS) in more sophisticated and practical
ways.

Milton J. Bennett, Ph.D. is the director of Intercultural Development
Research Institute, a nonprofit located in the USA and Italy that
supports theory and research in constructivist intercultural
communication. He was also a founder of the Intercultural Communication
Institute in Portland, Oregon, has served on the academic faculties of
Portland State University, University of the Pacific, University of
Milano Bicocca, and the executive training faculties of Motorola
University, Boeing Company, Tuck School of Business, Stockholm School of
Economics, and Eni (Agip) Group. He is known for creating the
Developmental Model of Intercultural Sensitivity (DMIS) and his text/
reader, Basic Concepts of Intercultural Communication: Paradigms,
Principles, & Practices. Dr. Bennett has served on the advisory board of
Aoyama Gakuin University, consulted with Motorola Japan, and for many
years offered seminars in Tokyo and Kyoto through CCTS.

***********************************
Japan Society for Multicultural Relations
Kanto Area Program

1-day Workshop by Milton Bennett, Ph.D.

“Developing Intercultural Consciousness: Approaching Intercultural
Competence with the Constructivist Paradigm”

Schedule:
Sunday, March 12th 2017
11:00 – 17:00
10:30  Registration
11:00  Program Starts
12:30 – 13:30 Lunch Break
15:00 – 15-30 Tea Break
17:00  Program Ends
18:00 Get-together Party

Place:
Jyuntendo University    Hongo-Ochanomizu Campus Room 401, Second Education Building
http://www.juntendo.ac.jp/english/about/access.html#hongo

Language:   English
Fee:    JSMR Members    Regular 2000 yen, Student 1000 yen
Non-member  3000 yen, Non-member student 1000 yen
Get-together Party 4000 yen

Registration deadline: February 25, 2017
Please sign up from the following:

https://creator.zohopublic.com/daikumar/app/form-perma/form/1ufmWs3Y6f99sG9hQUuVVfYVaDCtbqQWP1C4Pde4Q81fHzwJnq7q06TKbt8qwOPzmqD9gBMaAdWXHbsBx6aTa6MseKhSON2V0543

Program:
Much of the chaos in the world today may be due to a changing paradigm.
The scientific rationalism that began in Europe and that has influenced
the rest of the world is giving way to relativism. Relativism is
familiar in Japanese culture, where it has been embraced since well
before the European enlightenment. But it is a new and uncontrolled
force in Western societies, where familiar truth is lost and new ways of
being are not yet formed. Hatred and xenophobia fill the void, creating
mortal danger for cultural difference.

Now is the time that interculturalists must rise to a new level of
expertise. It is insufficient for us to continue advocating tolerance or
even the value of cultural difference. The crucial next step is to
define a new form of consciousness that is adapted to living in a world
of multiple interconnected contexts.

This session will show how the dangers of relativism can be resolved
with the next paradigm, constructivism. Participants will explore how to
improve their own understanding of the new paradigm and how to use it to
guide intercultural education and training towards developing
intercultural consciousness. Specifically, participants will learn how
to avoid the “paradigmatic confusion” associated with many approaches
to intercultural competence and how to use the Developmental Model of
Intercultural Sensitivity (DMIS) in more sophisticated and practical
ways.

Milton J. Bennett, Ph.D. is the director of Intercultural Development
Research Institute, a nonprofit located in the USA and Italy that
supports theory and research in constructivist intercultural
communication. He was also a founder of the Intercultural Communication
Institute in Portland, Oregon, has served on the academic faculties of
Portland State University, University of the Pacific, University of
Milano Bicocca, and the executive training faculties of Motorola
University, Boeing Company, Tuck School of Business, Stockholm School of
Economics, and Eni (Agip) Group. He is known for creating the
Developmental Model of Intercultural Sensitivity (DMIS) and his text/
reader, Basic Concepts of Intercultural Communication: Paradigms,
Principles, & Practices. Dr. Bennett has served on the advisory board of
Aoyama Gakuin University, consulted with Motorola Japan, and for many
years offered seminars in Tokyo and Kyoto through CCTS.

 


【日時】5月21日(土) 13時15分~15時15分
【場所】神田外語学院(JR神田駅西口徒歩1分)1-601教室(本館6階)
http://www.kandagaigo.ac.jp/kifl/access/

【テーマ】「特定課題研究(「外国籍の子どもの不就学問題」)の成果報告」
※特定課題研究メンバー
田中真奈美(東京未来大学モチベーション行動科学部 准教授)
馬場智子(千葉大学教育学部 特任助教)5月より岩手大学教育学部
奴久妻駿介(一橋大学大学院)
吉田直子(東京大学大学院)

報告1:奴久妻駿介 (一橋大学大学院 社会学研究科 博士後期課程)
「日本の『不就学』の現状と課題―外国人児童生徒・少数民族の教育的選択肢に関する考察―」

日本は外国籍の子どもたちを義務教育の対象には含めないとしながら、希望者は公立学校に受け入れるという立場をとる。しかし、「日本の学校」を望まない外国人は学費の高い外国人学校へ行く他、「不就学」という状態になる児童もいる。本発表では、他国におけるマイノリティ児童の教育の選択肢に着目し、日本に在住する外国人児童生徒の「教育を受ける権利」「不就学」は、国際的にいかに位置づけられるかを考察の対象としたい。

報告2:吉田直子 (東京大学大学院 教育学研究科 博士後期課程)
「『特定課題研究』の枠組みづくりに向けて―成果と課題―」

2013年に開催された埼玉大会の後、多文化関係学会の新しい試みとして、「外国籍の子どもの不就学問題」というテーマのもと、学会員有志による特定課題研究枠での研究実践が試験的に始まった。本報告は、世話役として実践開始当初から関わってきた立場から、パイロットスタディとして位置付けられたこの企画の、今日に至るまでの経緯と成果、および課題に関するものであり、より望ましい「特定課題研究」制度の枠組みづくりの一助となることを期待するものである。

【スケジュール】
12:00-13:00  理事会
13:15-13:20  趣旨説明(吉田直子)
13:20-14:25  報告1(奴久妻駿介)・質疑応答
14:25-14:35  休憩・交流
14:35-14:50  報告2(吉田直子)
14:50-15:15  全体ディスカッション
15:15-15:30  休憩・交流
15:30-16:00  決算、予算の総会
16:00-17:00  茶話会

【参加費】会員・非会員共通で、研究会のみ参加=無料
茶話会にも参加される方は500円(飲み物・茶菓代)をお願いします

【申込方法】5月16日(月)までに下記のリンクから申し込みフォームにアクセスの上、
必要事項を入力し、送信してください。

関東地区研究会 申し込みフォーム(下記リンクより)
https://ws.formzu.net/fgen/S19459844/

ご不明な点は、申し込み担当・岡部(daisuke.okabeアットマークzoho.com
にご連絡ください。

 


【日時】:2016年3月5日(土)

【会場】:青山学院大学(青山キャンパス)総研ビル(14号館)10階第18会議室 (総研ビルは正門から入り右手すぐの建物)
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html
【プログラム】:
「文化的差異はどのように理解され、経験されるのか?:日本社会のコンテクストを踏まえて」

★【話題提供者1:山本志都】東海大学文学部英語文化コミュニケーション学科准教授
「異文化感受性の日本での実証研究に基づく考察とその教育・トレーニングへの応用」

文化的な差異や類似性をどのように経験し評価するかに関わるMilton Bennettの異文化感受性発達モデル(DevelopmentalModel of Intercultural Sensitivity:DMIS)は、異文化体験の理解や異文化トレーニングに広く活用されている。日本的なコンテクストから異文化感受性を検証してみると、DMISで描写されているのとは少し異なる違いへの受け止め方が見えてきた。そこから違いへの抵抗感を乗り越えるヒントを考察し、教育・トレーニングへの応用を考える。

★【話題提供者2:石黒武人】順天堂大学国際教養学部国際教養学科准教授
「多面的理解を支援する『コンテクスト間の移動』(Context-shifting)」

異文化コミュニケーションにおいて、人びとがある現象(異文化、他者など)を理解する際、その現象の意味はコンテクストのなかで生成される。多くの場合、無意識のうちに、限られた数のコンテクストが用いられ、意味が決定される。本発表では、種々のコンテクストへ意図的に視点を移動することによって、日本社会において無意識に援用される日本的なコンテクストを相対化し、事
象の意味を多面的に理解するためのモデル(コンテクスト間の移動)を事例と共に紹介する。

【スケジュール】:
12:45-13:00 受付
13:00-13:50 話題提供者1 山本志都「異文化感受性の日本での実証研究
に基づく考察とその教育・トレーニングへの応用」
13:50-14:00 休憩・交流
14:00-14:50 話題提供者2 石黒武人「多面的理解を支援する『コンテクスト間の移動』(Context-shifting)」
14:50-15:00 休憩・交流
15:00-15:45 ディスカッション 「異文化理解、文化的差異の受け止め方をどうするか」
15:45-16:45 茶話会

参加費:会員・非会員 無料
茶話会参加のみ500円の茶菓代をご協力下さい。

【申込方法】: 3月1日までに下記のリンクから申し込みフォームにアクセスの上、必要事項を入力し、送信してください。ご不明な点は、申し込み担当・岡部(daisuke.okabeアットマークzoho.com)にご連絡ください。
関東地区研究会 申し込みフォーム(下記リンクより)

https://ws.formzu.net/fgen/S19459844/


 

日時:2013年3月9日(土) March 9(Sat), 2013

場所:立教大学12号館2階会議室 (Rikkyo University Ikebukuro campus, Bldg.12, Meeting room)

スケジュール:

2時00分~3時00分 第一話題提供者 北村智氏、東京経済大学「日本人のパーソナルメディア、ソーシャルメディア利用」(Pf. Kitamura’s presentation on “Personal and Social Media Usage in Japan”)
3時00分~3時30分 質疑応答 (question & answer)
3時30分~4時00分 休憩(tea break)
4時00分~5時00分 第二話題提供者 箕浦康子氏, お茶の水女子大学「ICTの利用は異文化体験をどのように変えたか―在日インドネシア人介護福祉士・看護師候補者の場合―」
(Dr. Minoura’s presentation on “How have ICTs Transformed Intercultural Experience ? ―The case of Indonesians coming to Japan through Economic Partnership Agreement ―”)
5時00分~5時30分 質疑応答 (question & answer)
6時00分~8時00分 懇親会(get-together meeting over dinner)

参加費:無料 研究会終了後、懇親会を予定しております(6 時30分-8時30分、そば処中村、2500円程度)

申込方法:下記の申し込み要領に従って、担当者 浅井亜紀子asai@obirin.ac.jp までご連絡ください。会場の関係で人数28名までの先着順とさせていただきます。 タイトルに「関東地区研究会申し込み」と記入してください。懇親会に参加される方は、3月3 日(日)までに申し込みをお願いします。 氏名 所属 メールアドレス 申し込み内容3つのうち1つを選んでください
①研究会・懇親会に参加します
②研究会のみに参加します
③懇親会のみに参加します

話題提供者1:2時00 分~3時30分(日本語)
北村 智(KITAMURA Satoshi)東京経済大学コミュニケーション学部(Faculty of Communication Studies, Tokyo Keizai University)

【タイトル】 日本人のパーソナルメディア、ソーシャルメディア利用(Personal and Social Media Usage in Japan)

【概要】Outline 携帯電話やインターネットの普及にともない、日本人の情報行動は大きく変化してきている。近年では携帯電話、携帯メール、パソコンを通じた電子メールといったパーソナルメディアだけでなく、TwitterやFacebookといったソーシャルメディアの普及も著しい。また、携帯電話はスマートフォンに代替されつつある。このようなメディア環境の変化について、本報告では調査データをもとに議論する。主に2005年以降に発表者の関わった全国調査データを用いて、特に10代から30代の人びとのパーソナルメディアおよびソーシャルメディアの利用実態について報告する。
With diffusion of mobile phones and the Internet, Japanese information behavior, especially media usage behavior, has drastically changed. In recent years, not only personal media including mobile phones, mobile mails, and e-mails via personal computer but also social media such as Facebook and Twitter have become increasingly popular. In addition, feature phones are being replaced with smart phones such as iPhones or Android phones. This presentation discusses the change of media environment in Japan based on survey data. Using Japanese national survey data after 2005, I would like to report on the Japanese young people’s usage of personal and social media.

【プロフィール】Profile 北村智(きたむら さとし) Satoshi Kitamura
東京経済大学コミュニケーション学部専任講師。東京大学大学院情報学環ベネッセ先端教育技術学講座特任助教を経て、2011年より現職。専門はメディア・コミュニケーション論。研究関心はメディア環境と情報行動にある。
He is currently an assistant professor in the Faculty of Communication Studies at Tokyo Keizai University. Before joining in the faculty, he was a project assistant professor in the Benesse department of Educational Advanced Technology at the Interfaculty Initiative in Information Studies, the University of Tokyo. His major is mediated-communication studies. His research interests focus on media environment and human information behavior.

話題提供者2:4時00分~6時00分
箕浦康子(MINOURA, Yasuko)お茶の水女子大学名誉教授(Professor Emeritus,OchanomizuUniversity)

【タイトル】 ICTの利用は異文化体験をどのように変えたか―在日インドネシア人介護福祉士・看護師候補者の場合―
How have ICTs Transformed Intercultural Experience ? ―The case of Indonesians coming to Japan through Economic Partnership Agreement ―

【概要】Outline 1980年代の海外暮らしでは母国との連絡は手紙と国際電話に限られていたが、昨今では、携帯電話の多機能化やスマートフォンの出現、ブロードバンドによるメディア環境の激変により異文化体験そのものが変わってきた。本発表は、EPAで来日しているインドネシア人からの聞き取りデータをもとに、ICTを活用し安く頻繁に母国の家族や友人と交信しているかを素描する。そうしたICTの活用が異文化体験をどのように変容させ、また、異文化体験の意義をどのように変えつつあるのかについて考察を試みる。
Indonesian candidates for nurses and care workers have been accepted by hospitals and nursing homes all over Japan. We have interviewed 36 candidates to examine their experience in Japan, and their meaning attached to this migration and found that a sort of virtual ethnic enclave has been formed by ICT such as the mobile phone and computer-mediated communication. Facebook is the most preferred means of communication among Indonesians. Most of them communicate with their parents through a mobile phone. This virtual ethnic enclave functions as a social support network to cope with difficulties they encountered in Japan and as a site of information exchange.

【プロフィール】Profile 箕浦康子(MINOURA, Yasuko) UCLAよりPh.D.(文化人類学)
岡山大学、東京大学、お茶の水女子大学で教えたのちに退職。著書は、『子供の異文化体験』、『文化のなかの子ども』、『地球市民を育てる教育』、『フィールドワークの技法と実際』など。
MINOURA Yasuko is Emerita professor at Ochanomizu University. She obtained her doctorate in anthropology from UCLA . Her main interest is in investigation of cultural influence upon human development and education. She is the author of Intercultural Experience during Childhood (1984), Cultural Perspectives on Child Development(1990), Ethnographic Fieldwork: Introduction (1999) and Analysis & Interpretation (2009).

懇親会:6時30分~8時30分
そば処中村. (03)3985-6989, 2500円程度
Get-together meeting over dinner, Soba-dokoro Nakamura, about 2,500yen




コメントは受け付けていません