北海道・東北地区研究会

北海道・東北地区研究会

【2019年度北海道・東北地区研究会報告】

2019年6月22日(土) 14:00~16:00に、2019年度の多文化関係学会 北海道・東北地区例会を開催いたしました。
今回は、前半部で講演者に話題提供を頂き、後半はパネルディスカッションの形式で実施いたしました。

日時: 2019年6月22日(土) 14:00~16:00
場所: 藤女子大学 16条キャンパス 374教室
話題提供者: 廣田廣達(ひろた こうたつ) 氏

講演テーマ「中国人から見た日本人 ─円滑なコミュニケーションを見据えて─」
レスポンダント: 李 鳳 (い ぼん)氏 (北海商科大学 准教授)
久米昭元(くめ てるゆき) 氏(元立教大学 教授)

【ご講演内容】
華僑の家庭に生まれた廣田氏に中国での駐在経験等を踏まえて、日本人・日本に対する中国人の見方を紹介していただきました。

ご講演の中で特に印象に残ったのは、「中国の人は…」と一括りにできない事はもちろんではあるものの、世代によって、物事の見方に大きく影響を受けた事件や事柄があり、その背景を理解する事で、コミュニケーションがしやすくなる、という事でした。特に文革や一人っ子政策などは世界的にも大きな影響を与えていますが、現在中国の方と接する際にも、これらの出来事を正しく理解しておく事が不可欠であると示していただきました。
また、廣田氏が日中メディアを比較検討された結果、両国とも、メディアはどうしても極端さを求める傾向にあり、実際の人々の意見とは一致していないと分析されたのは非常に説得力がありました。
また、QRコード決済の普及がなかなか進まない日本と、全世代、あらゆる地域で迅速に普及した中国という、新しい技術に対する適応の速度の違いから「なぜ不便さを我慢するのだろう」という疑問を抱かれている事や、日本が売りにしているものと少し違う部分が着目されている(医療ツーリズム等)事など、日本が世界にどう見られているかを多面的に知ることの重要性を示していただきました。

【パネルディスカッション】
後半は、パネルディスカッション方式で廣田氏と李氏、久米氏による議論が行われました。李氏からは、メディアの極端さという点については韓国も類似の点が見られ、実際の人々は報道ほどネガティブなイメージがない事、ただし、それを利用する政治家がいるのは事実である、という分析が示されました。久米氏からは、これまでのご研究を踏まえて、日中米で小グループでのディスカッションを行う実験の結果、日本ではまとめ役になる人が出ず、他者との討論もあまり起こらなかったが、中国とアメリカはすぐリーダー役が決まり、めいめいが意見を述べて議論するという、近い形が見られたということを示され、決定の早さ(対応の早さ)についてこのようなコミュニケーションの形式の違いも影響しているのではないかという意見が述べられました。
その他、日本と中国の他者との付き合い方の違い、具体的には、中国の方は親族以外でも【親族に等しい存在】がいて、相手にとってその存在になると一つ違う付き合い方になる(日本にはそれを一言で言い表す言葉が見当たらないが、「自己人」と呼ぶ)という等、人間関係の層の違いについても活発な議論が交わされました。

今回の研究会には、学会員のみならず、20名以上の学生さんが出席されました。会場となった藤女子大学では中国での研修も設定されており、その参加予定者が大勢出席していたそうです。自分たちが関わっていく海外に対して、実際の声を聴いて理解したいという積極的な姿勢を感じました。

123

 

【2016年度北海道・東北支部研究会のお知らせ】

日時:2016 年 9月 10日(土)   2:00 p.m.より
会場:藤女子大学(北16条校舎)555室
地図はこちら
〒001-0016 札幌市北区北16条西2丁目
TEL/代表(011) 736-0311
メールアドレス:伊藤明美  itoakemi<AT>fujijoshi.ac.jp <AT>を@にして下さい。

1.テーマ: 世界システム論におけるフェアトレード
~コーヒー・紅茶・砂糖はどう世界を変えていったのか~
話題提供者  石丸オリエ(英語講師)

<発表概要>
かつてヨーロッパの裕福な人々は、砂糖、コーヒー、紅茶、カカオなどを生活に取り入れることが、上流階級にいる証明であるかのように振る舞い、他国にそれらを求めた。そして資源豊かな国を植民地とし、奴隷を使い、モノカルチャ―をつくりだしていった。南北格差の解消手段のひとつとされるフェアトレードは、先進国が、生活形態を変えてしまった途上国との関係をより公正にしようとするものであり、現在のフェアトレードがどうあるべきかを、世界システム論から考えていきたい。また、日本人にはなぜフェアトレードが馴染みにくく、先進国の中でも普及率が低いのか、その原因を探る。

2. テーマ:The Right to Communicate概念の背景
~R+Cがグローバル・コミュニケーションに示唆するもの~
話題提供者 小林 登志生(元メディア教育開発センター・総合研究大学院大学教授)

<発表概要>
R+C概念は、ジャン・ダーシー(Jean d’Arcy)により提唱(1969年)された、国連の世界人権宣言(1948年)に根ざす概念である。R+Cは、人類が地球を席巻する現世人類 ”ホモサピエンス” に進化して以来有している基本的な権利であり、他の人権の基盤であるとされる。本発表では、同概念に関わる第二次世界大戦後から1980年代に至る国際社会の背景を明らかにし、R+Cをキーワードとしてヒューマンおよびグローバル・コミュニケーションの諸問題を論じる。さらに、湾岸戦争・9.11以後の混沌とした国際社会についてR+C概念を基に、参加者とディスカッションを行う。

3. 講演テーマ:個人主義と集団主義の実証的研究とパラダイムシフト
講演者  古家 聡(ふるや さとる) 武蔵野大学グローバル学部教授

<講演内容>
これまで文化変数として注目され、日米文化比較などにも用いられてきた個人主義・集団主義という概念の妥当性を再検討し、日本人集団主義説で説明されるコミュニケーション・スタイルに対して新たなる解釈を試みる。特に、行動原理という視点からのコミュニケーション・スタイルの分析の重要性を指摘したい。

研究会終了後、発表者を囲んでの懇親会を予定しております。

2017年の北海道年次大会(藤女子大学・北16条本校キャンパス9月8日(金)~9月10日(日)期間は、札幌には多くの観光客が訪問し、ホテルが満席になります。

したがいまして、ホテル予約については、ネット、旅行代理店、その他を通して「事前」予約をし部屋を確保下さい。  予約が早ければ早いほど、格安料金のホテルも抑えることができます。キャンセルは、10月中に可能です。




コメントは受け付けていません