第13回年次大会・発表プログラム (2014年)

研究発表1

会場: 401   司会: 坂井二郎(東京福祉大学)
カリフォルニアにおけるアジア系移民排斥と日系移民の家族たち —日系作家Hisaye Yamamotoの短編を中心に—
飯田深雪(神奈川県立国際言語文化アカデミア)
異文化での自己確立 —アメリカ在住日本人へのインタビュー調査から—
田中真奈美(東京未来大学)

会場: 403   司会: John Ingulsrud(明星大学)
社会的「劣」の立場にあるロマ —「書き言葉の世界」から閉め出されるということ—
千葉美千子(北海道大学)
グローバリゼーション時代におけるセーフティネットとソーシャル・キャピタル
添田正揮(川崎医療福祉大学)

会場: 5F研修室A   司会: 李善姫(東北大学)
『私たちの学校』から広島遠足へ —民族の和解と異文化共生のための文化的実践—
Baeg Seongsoo(神田外語大学)
社会変化・性役割観が恋愛スタイルと結婚願望に及ぼす影響 —日韓大学生の比較を中心に—
八尾瑞希(株式会社なとり)・三浦梓(駿河台学園)・申知元(青山学院大学大学院)

研究発表2

会場: 401   司会: 手塚千鶴子(慶応義塾大学)
在日留学生の対人行動上の困難に対する日本人学生の認識 —文化アシミレーターの場面選択に向けて—
田中共子(岡山大学)・中野祥子(岡山大学大学院)
在日留学生を対象とした文化アシミレーターの作成の試み —社会通念と開放性に関する場面に焦点をあてて—
中野祥子(岡山大学大学院)・田中共子(岡山大学)

会場: 403   司会: 金本伊津子(桃山学院大学)
日本における「不就学」外国籍児童生徒の「発見」プロセス —日本語ボランティア教室に着目して—
奴久妻駿介(一橋大学大学院)
「外国籍の子どもの不就学問題」にかかわる問題系
吉田直子(成蹊中学・高等学校)

会場: 5F研修室A   司会: 出口真紀子(上智大学)
Parents’ Perspectives on Educational Situation of Latin American Students in Kansai Area
Francisco Alfaro(Chukyo University)
青年海外協力隊員との交流学習の意義 —小学6年生の教科「総合的な学習」での授業実践から—
久保田真弓(関西大学)・丸山健太(関西大学)鏡原貴一朗(関西大学)

研究発表3

会場: 401   司会: 古家聡(武蔵野大学)
異文化感受性から見た文化的差異の認知
山本志都(東海大学)
関係流動性が海外志向・内向き志向に与える影響
守崎誠一(関西大学)

会場: 402A   司会: 御手洗昭治(札幌大学)
大学誘致に伴う外国人留学生の増加と住民の意識の変容 —現場担当者へのインタビューから見えてきたこと—
松井一美(立命館アジア太平洋大学)
モンゴル国における「純化主義」とナショナリズム —第3回アジアン・バロメータ調査データを用いた一般市民の意識の分析—
湊邦生(立命館大学)

会場: 402B   司会: 猿橋順子(青山学院大学)
「多文化共生社会」を目指した日本語教室
—日本語ネイティブとノンネイティブチームによる取り組み を中心にー
S.M.D.T.ランブクピティヤ(九州大学)
多文化共生と特別支援教育の接点 —外国語活動・英語教育における取り組・課題をもとに—
大谷みどり(島根大学)

会場: 多目的ホール   司会: 石黒武人(明海大学)
少数者としての成人留学経験者
赤崎美砂(淑徳大学)

ポスターセッション(申し込み順)

ワークキャンプ型国際ボランティア体験から学生はどのような達成感を得ているか
—マズローの欲求階層説を用いた内容分析から—
仲野友子(国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部)

協働文化と在日外国人ケア労働者の異文化間ケア —異文化間ケア創出過程の解明—
畠中香織(岡山大学大学院)・田中共子(岡山大学)

カサンドラ症候群 —多文化関係の視点とその不可視性から—
西由香利(にじいろ)

大学国際化と異文化間の友情形成 —グラウンデッド・セオリー構築の試み—
工藤和宏(獨協大学)

日中大学生による概念理解における国際比較 —「競争」、「国際化」、「友達」—
奥西有理(岡山理科大学)・田中共子(岡山大学)

日本と韓国大学をつなぐ円卓シネマ —集団間異文化理解の試み—
呉宣児(共愛学園前橋国際大学)

大学生の英語による質問 —高抵抗者の研究の予備調査—
武田礼子(国際基督教大学大学院)




コメントは受け付けていません